« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

ミニチュア世界の扉を開く 魅惑のドールズハウス展 ~平塚市美術館~ 2012

どんどんクリアしていきましょう、
お次はJDNさんから頂いたチケットで平塚美術館 ドールハウス展。
珍しく横浜へ!

案内のHPを見てアリエッティが住んでいた家が観れるのかと勝手に信じちゃってたんだけど…
それはまったくの勘違いでして(笑)アハハ(∥ ̄■ ̄∥)

アリエッティもドールハウスに住んでいましたね、みたいな前フリで使われていただけという。
アニメDVDまで事前に観てから行ったのに(失笑)
今回こそは下準備OKだったはずなのになあ、残念。

しかし、思っていた以上に沢山のドールハウスに興奮。
JDNさん、チケットありがとう~。
ここも撮影可だったので、無駄に写真を撮りまくり、
着いて早々にiPhoneの電池が無くなくなっちゃいました。

とにかく本物みたいにすべてのものが精巧に作られている!
そのおかげで、作品前からおば様達が動いてくれなくて困ったりして(笑)
ま、そりゃそうなりますよねww

全部は無理ですがちょっとよさげに撮れた写真を何枚か。



余談ですが坂田はまた見知らぬおじさまに(良く声をかけられるそうで)
フラッシュたかないと撮れないでしょ、と声を掛けられ、
フラッシュたいちゃダメですからね、って軽く駄目だししてた。おい(笑)
おじ様いじめちゃだめよ(笑)
そんな坂田のお気に入りは雑貨屋モッズ店。


お菓子のおまけなども使用して作られているそう。
なるほど!って感じ。それにしても、細かい!すごい!!
それわおばさまガン見しますわー、
よくよくみるとこぼれたみるくをねこが舐めてたりと
芸が細かいので色々と探す楽しみがあります。

そしてこちらも坂田のお気に入り。
クリスマスボックス、そしてなぜかクロンボちゃんに興奮。
画像送ってってしつこかった(笑)


そしてわたくしは…

やはりこのあたりが気になっちゃうんですね、日本代表(笑)
これもドールハウスなんだよね、考えたら。
雛人形セットを一番観ました、何度も。うちにほしい(笑)



以上、軽くですがご紹介。
チケット当たらなかったら見に行っていなかったものなのでラッキー。
坂ちゃんたちも楽しんでくれたみたいでよかったわ。
ドールハウス、面白いのでおすすめです。
そうそう、ドールハウス展以外にも、同じチケットで作品をみることができた、
そこで内田あぐり先生の作品に遭遇!何げにはじめて。
(興味があるかたは調べてみてね)

平塚美術館、初めてだったけどなかなか見ごたえのあるところでしたよ。
館内も(写真撮っちゃったけど平気だったかしら汗)
なかなか広々してるよね。

2012年12月29日 (土)

シャルダン展 静寂の巨匠 三菱一号館美術館 2012

展覧会サイト
http://mimt.jp/chardin
美術館サイト
http://mimt.jp

ジャン・シメオン・シャルダン(1699-1779)は、フランスを代表する静物・風俗画の巨匠。
本展は記念すべきわが国で初めてのシャルダンの個展なんだそうで、
厳選された38作品が展示されていました。

本展の中で坂田さんが一番のお気に入りはやはりこれ(たぶんw)
《木いちごの籠》

インターネットミュージアムから、動画も↓

インターネットミュージアムより。

こちらは(いちご)普段は個人蔵なので非公開というレア作品!
可愛い作品ですよね。

本展では対作品が多くあり、それがとても印象的でした。
ガイドを聴きながら二枚の絵の違いを探しつつ鑑賞、
そういった味方も非常に面白かったですよ。
思っていたより作品数も多く入館したのも遅かったので(アフター6適用時間)
後半、駆け足鑑賞になってしまったのですが。
作品前を陣取るカップルが後半異様に邪魔に感じたもの(爆)

そうそう、あまり油絵とか写実的なものは好みではないのですが
一個お気に入りのものを発見!
時間が無いのに、すっごい見入ってしまいました。
例のカップルにお前邪魔だよ、ってもしや思われたかも?(笑)
お互い様かっ(笑)

「カーネーションの花瓶」
シャルダンが描いた花の作品はほとんどなく
現存する一点のみがこれなんだそうです、
あー貴重だわー。

これでこの日の展覧会巡りは終了!
今年行った展覧会でまだ書いていないものがあと3つになった…(o・_・)ノ”
坂田に今年中に終わらせなさいよ、と言われてるのでがんばんなきゃ、と思ってはいるんですがね…(自信なしw)

三菱美術館自体が好きなのでスポットを当てたいところですが
そういうわけでして、それはまたの機会?にでも。

画像、ウィキさんより出典

2012年12月20日 (木)

マクドナルド フードマグネット

マクドナルドネタ。
今度はストラップじゃなくてマグネットだったんですね(もう終わりかけ?汗)

マグネットはそこまで欲しいって訳じゃないんだけど
とりあえず一回、Lセット食べてみました。
んで、一番便利そうな(クリップ)ポテトゲット~。
ちょっとうれしい。

姉がものすごい欲しがっていたので(特にビックマック)
超お腹がすいてるときにがんばってみました、かぶったらあげようと思って。
で、結果。

人の為にこういうことをするからか?
びっくりするくらいかぶらねぇ!という┃・ ■ ・┃笑

で、結局。

おいおい自分用かいっヾ(-д-;)一人つっこみ。
…飽きたらあげるからねぇ…(小声で)…


さらに!
駄目出しでかぶらねぇ!┃・ ■ ・┃┃・ ■ ・┃汗
マックもう無理、さすがに食べ…汗

ま、飽きたら渡す(笑)こちらは大声でwww



キノコストラップ、もげたやつ、キノコボールペンは坂田からプレゼント!
ムダなもん買わした!でもうけた!二人で笑った、ありがとう。
ポップアップも飾らせてもらってまーす(●^Д^●)乂(●^Д^●)
なにやらここだけ怪しい世界へようこそ(笑)

2012年12月10日 (月)

猫ステッカー!猫クリアケース!猫バックスリー!!!

4649TCに今日頂いちゃいました!猫ステッカー、猫クリアケース!!
虎好きですからね、猫科ですもんね、これは嬉しいって話です(笑)誕生日プレゼントかな?(笑)
なんでもいいのですが気にかけてくれてこれ買っていってあげよう、
ってのが嬉しいよね。いつもどうもありがとう。

そんな小虎、実は…
猫バック③を予約中(汗)
しかも今回は坂田、トモックスも予約となっ。
これ持ってみんなで展覧会とか…

恐ろしい(爆)
でもたぶんそうなる(笑)
うん、きっとそうなる(汗)

虎がほんとは好きなんですが、
猫好きなんだね、なんてちょいちょい言われ初めている小虎なのでした。
ものすごい猫好きみたいになってきちゃってるよー。

2012年12月 5日 (水)

出雲―聖地の至宝 ~ 東京国立博物館 本館~ 2012

東京国立博物館140周年 古事記1300年・出雲大社大遷宮 特別展「出雲―聖地の至宝―」

こちらは友人坂田がどうしても行きたがっていた出雲展。
本来はわたしとは別に行く予定でしたが、
日程を間違えていたということで
急遽ドールハウス展と一緒に観に行くことになった展覧会です。
わたしは一切興味が無い(笑)ものですが
中国展のチケットでこちらも観れる、ということでしたので全然OK!
しかーし、やはり、やらかしちゃった坂田ちゃんで
出雲展をお送りしちゃいました(笑)
詳細はそのうち…。
羽鳥アナと約束したのにね、坂ちゃん。
あたしのどっちでもいいやパワーが勝ったのか?の、仰天な結果に(汗)
でもものすごい記念になった展覧会の一つです!インパクト大!(笑)
あ、詳細はそのうち…(笑)

神話の国、出雲。荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)、
加茂岩倉遺跡(かもいわくらいせき)から、
大量の青銅器群が発掘され、
この地が古代の青銅器大国であったことが知られるようになりました。
また2000年に出雲大社の境内から出土した宇豆柱(うづばしら)は、
太い杉の丸太を3本束ねており、かつてそびえ建つ神殿が造られたことを物語っています。
現在、出雲大社では60年ぶりに本殿の修復や
檜皮葺(ひわだぶき)の屋根の葺き替えが進められています。
この事業は2013年3月に完了し、
5月には御祭神を仮殿から本殿に遷座する「平成の大遷宮」がおこなわれます。
また、今年は出雲を舞台とした神話や出雲大社創建についても語られている
『古事記』が編纂されて、
ちょうど1300年の記念の年にあたります。
これを機に出雲大社の宝物をはじめ、
島根県を代表する文化財の展示をとおして、
独特の文化を形作った聖地、出雲を紹介いたします。
公式HPより
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1473


会期:2012年10月10日(水)~11月25日(日)
会場:東京国立博物館 本館特別5・4室(上野公園)
開館時間:
9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、会期中の金曜日は20:00まで開館。10月20日(土)は21時まで開館)
休館日:月曜日
観覧料金:一般800円

中国 王朝の至宝 ~ 東京国立博物館 平成館~ 2012

日中国交正常化40周年 東京国立博物館140周年 特別展「中国 王朝の至宝」

ドールハウス展へ行った時に観てきました。
(坂田がどうしても出雲を観たいと言ったので東京まで足をのばして)
これはあたしのリクエストなのですが、奇遇にも同博物館での開催でしたの。
また観たいな、と思うものは過去にあまりないのですが…
これはまた観たいと思わせてくれましたよ、かなりテンションあがってました(笑)

13億以上の人口を持ち、世界で4番目に広い国土を持つ中国。
現在も50を越える民族を抱えながら、
巨大な国家として6千年ともいわれる歴史を現代につなげています。
黄河や長江といった大河の恵みのもとで高度な文明を発展させてきた中国では、
他国にはない独自の文化や思想が脈々と受け継がれてきました。
そして、それは私たち日本人の精神的・文化的ルーツにもつながっています。
本展では、中国に誕生した歴代王朝の都ないし中心地域に焦点を当て、
それぞれの地域の特色ある文物を対比しながら展示し、
多元的でダイナミックに展開してきた中国文化の核心に迫ります。
国宝級の「一級文物」約60%というスケールで貴重な文物168件をご紹介します。
公式HPより
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1495


会期:2012年10月10日(水)~12月24日(月・休)
会場:東京国立博物館 平成館(上野公園)
開館時間:
9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
ただし、会期中の金曜日は20:00まで開館。10月20日(土)は21:00まで開館)
休館日:月曜日、ただし12月24日(月・休)は開館
観覧料金:一般1500円

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

ブックマーク:

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック