« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

Reuse、

レイヤー重ねるみたいに
保存、保存、保存、ってしていってみた。
それもなかなかいいじゃないか!(という気がする)
是非、そういった使い方も(笑)

cameran、PhotoScape、

Reuse、/2

 

Photoshop、PhotoScape、

2013年1月30日 (水)

poinsettia /2

2013年1月29日 (火)

cameran、

特典壁紙21枚欲しくて、cameran再熱中。
http://cameran.in/

2013年1月27日 (日)

wedding cake /2

2012 愛媛、今治国際ホテル

池、蓮、

2012.11 Imajiri Ehime

2013年1月11日 (金)

エルミタージュじゃなくてリヒテンシュタインww

めずらしく別行動で。
坂田のエルミ土産じゃなくてリヒテンシュタイン土産です、
めんぼくねえ、ありがてえ。
キノコ!ボールペンとか!
超二人で笑った、こんなのあるんだ(笑)

最近、休みになると熱を出して寝ている坂田。
昨日も発熱、疲れがたまってるんだな、
元気だして早く良くなりますように。

2013年1月 8日 (火)

出雲―聖地の至宝 ~ 東京国立博物館 本館~ 2012

次は坂田が夢にまでみた(笑)出雲。
http://izumo2012.jp/

中国展かなり見応えがあり、また面白かったので夢中になってる間に
思ってた以上に時間をロスしちゃったんだよね、
坂田情報だと、5時までに入場すればいい、とのことだったんだけど、
すでに10分前くらいになっちゃってて!汗
(中国展は4時半までに入場と言っていた、だから中国展から見たんだよね)

あたしは名残惜しい顔100パー全開のまま
最後の方の会場は早足で抜け、
坂田についていざ出雲展のある本館へ急ぐ!

そして入場。
しかし、なんと受付のお姉様から
「あと5分しか観れませんけど入場しますか?」
というショッキングな言葉が!
もちろん…当然…こうなるわな。
坂田フリーズ。

その後は
なんかネットで調べてきたのに、とかぐちぐちいいながら(ちいせえやつだ爆)
じゃあもういいです、と坂田らしからぬ諦めるという行動にでた!驚
そしてそそくさと図録を買いに行ってしまったのです。

それを見ながら、どうせもうこれないんだから…と思ったので、
1分でも、まだ入れるか聞いてみようよ!との提案を(だけ)してみたよ。
坂田はもう凹んでるので(笑)
実行部長のトモックス!!(とうとう登場!笑)が
あたしが言う!と言って、なんとか入れて貰えることに成功。
坂ちゃんはあたしが言ってくれたと勘違いして記憶してたけどね。
入ったらもう流し見という戦法でして(爆)というかするしかなくて(爆)

あたしは興味がないため、出雲データほぼなし、
出雲大社の模型(かなりでかい!)はわかったものの他はわからず、
でっかい黒いトリュフみたいなのをまずすり抜け、どんどん進む。

でも入ってみるとまだまだ大勢の人が会場内にいるではないか、やっぱりなあ~。
もうちょいで騙されるとこだったわ(笑)

しかし、小さい会場二つだけでなんか拍子抜けでした、
展示できるものあまりないもんね(汗)
ガイドを借りれば面白いかも知れませんが。
こうして約何分間かの(笑)出雲展は無事ww終了したのであります(笑)
もうちょいこう、展示とかなかったのかしらと思わせられた出雲でした、
ただし今までの展覧会の中でも上位に昇るインパクト具合でしたけどね(爆)

最後まで、ちゃんと調べたのに、と怒る坂田、
ということで、あらためて調べてみました。
はい、中国、出雲共、下記の記載でしたね、
坂田の恒例のボンミスです(笑)

*****************************
午前9時30分~午後5時
*金曜日は午後8時まで
*10月20日(土)は午後9時まで開館
*入館は閉館の30分前まで
******************************

ちなみに、「中国展のチケットで出雲も観れる」が正なんですが
会場に着くまで、どちらかのチケットで片方が観れると言い張っていた坂田(笑)
チケットの金額差が700円もあるから、ほんとかな~と思ってたんだけど
これもやはり坂田の見間違い!(笑)

エジプトの時もライオンを豹と言い張ってましたから~
わざわざコメントくれてまで言い張ってましたから~(爆)

そんなこんなで
坂田がどうしても観たかった出雲展は
あたしのどっちでもいいやパワーが勝ったのか、
わずか数分のデジャブ(に近いよね)で終了したのでありました(笑)


流し見しながら、神殿模型を昇る巫女人形を指し
「あ、昇ってる!昇ってる!」と軽く言っていたあたしの顔を
坂田は絶対忘れないと言っておりました(爆)

坂田は朝のニュースのインタビューで夏休みの過ごし方を羽鳥アナに聞かれ
出雲展に行くと豪語していたので(お茶の間に坂田が流れる)
羽鳥さんに約束したのに~と最後まで泣き悲しんでおったよ(笑)

坂田のために。
インターネットミュージアムさんの出雲特集。
http://www.museum.or.jp/modules/topics/index.php?action=view&id=218
でっかいトリュフがなんなのか(笑)などなど出雲の謎を知りたいかたはどうぞ。

中国展は巡回するんですね?
かなり見応えがありましたので行っていない方は是非。
出雲はほんものを見に行ったほうがいいとおもう(爆)
5分も観てない奴が言えないか、そんなこと。失敬。

神戸市立博物館 2013年2月2日(土)~4月7日(日)
名古屋市博物館 2013年4月24日(水)~6月23日(日)
九州国立博物館 2013年7月9日(火)~9月16日(月・祝)

2013年1月 7日 (月)

中国 王朝の至宝 ~ 東京国立博物館 平成館~ 2012

横浜でドールハウスを観た後は
坂田のリクエストで東京で行われる「出雲展」へ。
出雲は一緒に行く予定ではなかったんですが
(わたしが興味ない)
会期日程を間違えていたとかで
この日に一緒にいくことになりました、
なんと終了1日日前!
ギリギリセーフ。

だったら、ちょっと前に見かけていて気になっていた
「中国展」ももし良かったら行かないか?と聞いてみたところ
同じ東博での開催、しかも中国展のチケットで出雲も観れる、というこの偶然!

平成館特別展示室と本館特別5・4室で
2つの特別展が同日に開幕するのはトーハクでは初めてらしい。

そういうことでこの日にこの二つの展覧会を観ることにスムーズに決定。


前に中国展が気になるって私が言った時に坂田、
外交上手く行ってないし無理かもねーと冷たい一言を放ってくれていたのですが(笑)
ちゃんと開催してくれましたね、いやいや、素晴らしかった。
もちろん今の中国は微妙であまり好きではなかったりするんだけど(汗)
文化交流と政治は別ものです!


この展覧会、夕方までに入ればいいから、と余裕の坂田。
その言葉どおり、横浜でまったりしてから東京へ向かいました。
この行動が最後とんでもない結果を迎えるとは坂田自身が思わなかったろう(笑)


まずは出雲よりも中国展を先に観ることに。
東博さんの中国展のブログ↓
http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/category/39/

同時期に栄えた王朝を対決させながらみせる、
という新しい展示方法だったのですが
観た時には、まったくそれに気がつかず(爆)あたしだけか?そんな奴は(笑)
それでも、時代毎に観せる方式がわかりやすかった。

日本よりもかなり滑稽(悪い意味ではなく)でコミカルにデフォルメされている印象を受けました、
そこがとても良かったし、面白かった。

特に好きな作品はですね、
羽人かな。
坂田と二人ずっと見入ってしまったもの。

公式HPより↑

四足を折ってうずくまった動物の上に羽を広げた鳥がのり、
さらにその上に、鳥の嘴(くちばし)と尾羽を持った1本足の異形の者が立っています。
実際のほうがめっちゃかわいらしいよ!
他にも面白い形のものばかりでその感覚の違い(日本と)が面白いですね。
こんなのとか。

最終的には展示量が多く、
最後の5,6章あたりのものはゆっくり観ることが出来ず心残りでしたが…。
かなり不服な感じが顔に出ていたアタクシなんです(笑)
出雲に間に合わないから~と坂田はすでに出雲に心が飛んでいたので
しょうがなく移動することに(笑)

お土産はまったく観れなかったな。
いつもは図録とか購入しないのですが、
今回は欲しかったんですけどね…
坂田売ってないんじゃない?とか超てきとなことゆってくれてましたが(笑)
でも見つけた!!作られてるし売ってるし(爆)

さっそくリンク↓
http://www.nhk-p.co.jp/tenran/zuroku.html#y2012

もう終ってしまいましたが(近ければもう一回行っていた)
HPやブログなどでもかなり楽しめます。
http://china-ocho.jp/midokoro
http://www.tnm.jp/modules/rblog/index.php/1/category/39/

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

ブックマーク:

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック