« 大山千枚田、鴨川 | トップページ | cafe En »

2013年8月20日 (火)

津知家 「十万石最中」

大多喜城近く、老舗の菓子屋「津知家」さんの一番人気の最中「十万石最中」
この最中が好きだ、ということで鴨川市まで行ってきました。
とにかく餡子の量がものすごいというインパクトのある最中なのですよ。
1個食べたらおなか一杯!(あながち大げさな表現ではない所がすごい)
しかも以前はもっと餡子が多かったらしい!驚きだな。
味も昔の方が小豆の味がもっとして美味しかったらしいですが(ネット情報笑)
今のものでもファンが多い最中です。

あんをはさむ皮(種)には本多家の家紋「立葵」と
最後の大多喜城主松平家の「三つ扇」が刻まれています。
1個130円!安っ!(だってでかいんですもの)

12010103_1904_1

田舎のお菓子屋ですが店内には人が切れずに入っていました。
しかも10箱単位で買っていらっしゃる方も。
最中の大人買いです(笑)
おお~と思いながらちら見していました(オイっ)
普通の最中に飽きている方は是非一度お試しくださいまし。

自分はバラで1個だけ(笑)購入。
甘いものはそこまで得意ではなもので、ってなんで行ったんや(爆)

Img_1755

御菓子司 津知家
所在地:千葉県夷隅郡大多喜町新丁83
TEL:0470(82)2255

追記:
個人的には最中よりも鯱が描いてある箱の方が気になるタイプです、ハイ(笑)
ちょっと欲しい。いや、ちょっとだよ(笑)

23362pd_mjci03_137_05

« 大山千枚田、鴨川 | トップページ | cafe En »

食事、料理、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大山千枚田、鴨川 | トップページ | cafe En »

ブックマーク:

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック