« ぶーにゃんさん便、 | トップページ | 京都 頂法寺「六角堂」 »

2014年4月25日 (金)

サッチャー便、

実はまだ終りませんでした、怒濤のみんなの気持ちシリーズ最終回。
こちらは郵便ではなく自分で持参してくれました(笑)
坂田ことサッチャー便。

一緒に行こうと誘われた
東京国立博物館と東京都美術館の両館がコラボレーションした
特別プロジェクト「日本美術の祭典」

20140130_1005671_2 

5000枚限定!の超お得チケットが発売されてるから
行くなら早めに買ってね、と言われたんですが
自分が購入しようとしたときには時遅し。
5000枚だけだもんねーそれは売り切れますよー。
ということで自分は辞退し涙を呑んだ(笑)展覧会。
のお土産。
そんなに嘆き悲しんでいないだろうと
サッチャーの声が聞こえた気がしますが気にせず先に進みます(笑)
自分だけ違う金額とかやだ、とか
一緒に買っておいてくれないとか冷たい、とか
散々ウケを狙いつつもボヤいた記憶しかありませんが、
さくっと流してどんどん先に進みます(笑)

いつも展覧会に別々に行くと、お土産を買ってきてくれるサッチャー。
今回はこちらでした。

虎好きな私のために、「トラとバッファローの戦い」グッズ。アンリ・ルソーだよ。
石鹸とクリアーファイル。ジャングルな感じがいいね。
そしてガチャ。虎と雷神。龍居らず(笑)

あとは、以前ぶーにゃんさんからいただいた
チケットケースを愛用しすぎ、ぼろぼろになっていたのを見かねたのか
同じサイズのチケットクリアーケース!これ超便利なんです。
絵柄は「一越縮緬地鳳凰桐文振袖、田畑喜八作」

Img_4545_2 

Img_4532
サッとかばんの中から白いクリアケースじゃないやつ出すのがかっこいいから
汚い奴使ってないで新しいのに替えなさいね、というのがサッチャーの持論ですが。
自分の分も買ったの?ときいたら、買った!と。
で、その絵柄は…
自信ありげに、もちろん的な感じに仰った、それは「飛鳥の春の額田王」。
これです↓

20140213211727f33_2 

格好いいとはちょっと違う気がするが良としよう(笑)

« ぶーにゃんさん便、 | トップページ | 京都 頂法寺「六角堂」 »

みんなの気持ち、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぶーにゃんさん便、 | トップページ | 京都 頂法寺「六角堂」 »

ブックマーク:

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック