« フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション | トップページ | 狩野一信の五百羅漢図展 »

2016年2月 1日 (月)

キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々

書いていない展覧会より先に
最近行って来たものを書いてしまおうかと思います

1月28日(木)
五百羅漢図見比べ企画日がとうとうやってきた
まずは待ち合わせの時間まで一人でこちらに行って来ました
1月28日に来館するとオリジナル塗り絵もいただけるということで
ここしかない!と(笑)

「キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々」

D344220494932850

会場:汐留ミュージアム
会期:2016年1月16日(土)~3月21日(月・祝)
開館時間:午前10時~午後6時(ご入館は午後5時30分)
休館日:毎週水曜日
入館料一般:1,000円

画像出典・詳細:
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160116/index.html

キュー王立植物園が所蔵する黎明期から現代までの
ボタニカル・アート(植物画)・デザイン・工芸品を展示

ここの美術館、好きな展覧会を良く開催してくれるので
ちょいちょい行っていますね~

Img_5133_1
ボタニカルアート = 植物学的な絵画
そういうの大好きなんです(●´∀`)ノ
小ぶりな作品が多かったですが精密・精巧で色の組み合わせも美しく
背景が書いてあるものもあったりデザイン的な構図のものもあって
1枚1枚顔を近づけて見ちゃいました☆
観終わった後、絵を書きたくなる様な展覧会でしたよ~(*´∀`*b)
お土産のコーナーに大人の塗り絵が置いてあったりしてちょっと欲しくなりました
本屋さんに今度行って探してみよっと

Img_51341
Img_5136PhotoScape、

開館時間より早めに着いたので外で座りながら待つ
寒いけれど天気が良くってすがすがしい瞬間を

« フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション | トップページ | 狩野一信の五百羅漢図展 »

展覧会、美術館、科学館、」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フォスター+パートナーズ展:都市と建築のイノベーション | トップページ | 狩野一信の五百羅漢図展 »

ブックマーク:

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック