展覧会、美術館、科学館、

2017年3月 3日 (金)

POLA MUSEUM ANNEX、青木美歌「あなたに続く森」 The Forest That

資生堂の後には、そのまま歩いてポーラへ

POLA MUSEUM ANNEX
青木美歌「あなたに続く森」 The Forest That Leads To You

会期:2017年1月20日(金)-2月26日(日)

こちらはたまたま姉も行きたがっていた展覧会で
またまた無料で写真撮影OK
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/index.html

Img_0255_600

Img_0256_600


20170219
photoscape、Instagram、

光物が基本好きなので(笑)すごく良かった☆
透明ガラスだけの作品で
モノクロの美しさ、繊細なフォルムの素敵な作品たちでした

(お見かけしただけですが作家さんの方もたまたまいらっしゃってました)

個人的に徳仁さんとコラボレートして展覧会して欲しいと思っちゃいました
あの空間で見たら、もっともっと素敵だわ、と…

今回、無料なのに良い展覧会に当たりましたねぇ
どちらも素敵だけれど
吉岡徳仁さんの展覧会にはほんとに感動しました
今までの展覧会もすべて観て見たかったな

Img_0052_600

姉と姪、手をつなぐ前の瞬間の写真もある、それも好き
自分も参加してなければ最高の写真(笑)

20170219
photoscape、Instagram、

2017年2月20日 (月)

資生堂ギャラリー、吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線

吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線
観に行ってきました

一度観てみたかった吉岡氏の作品
前にやっていた、ガラスの茶室も
京都まで行ってしまおうかな、って思ってたくらいですから
ほんと今回、体験できて良かった!

一つの作品だけですが(椅子も入れれば2つ)
ずっとそこに座っていたかったくらいの素敵なインスタレーション
神秘的な空間に涙がほんとに出そうになりました
この作品を観れただけでもわざわざ東京に行って良かったと思いましたよ、私は


ちなみに資生堂ギャラリーも初めて
地下1階でデザイン的でモダンな作りで恰好良い

無料なので近くの方は是非、有料でも私なら観に行きます☆
写真撮影可なので、写真好きさんにもおすすめ
私の姉も沢山撮影してました^^

Img_0244_800

20170219
photoscape、mixoo、

2016年9月29日 (木)

菱屋CalenBlosso、

昨日、サントリー美術館へ
で、美術館を出たら、吹き抜けを挟んで向こう側に!!
京都ってイメージが自分の中で強いから
東京でお会いするとは思っても見ませんでしたのキーヤンとご対面

Img_8172800_2

ランチを待つ間に、写真撮ってきて良い?と
人に待ち係を押し付けてまで行って写真を撮った上(笑)
食後に全員で行ってまた写真を撮る(笑)
もろもろ楽しかった(笑)

帰ってきてからキーヤンのHPチェックを

「馬と9ー上手くいく」

というコンセプトで、9頭をスケッチしたと記載してありました
お店の中には入らなかったので確認出来なかったけど…

しかし、ひょんなところでキーヤンに会えて嬉しい♪

それ程廻れる気がしないのはさて置き
「キーヤン巡り」とやらなるカテゴリまで作成してみました(笑)

「何かを見て感じて、そして何かを思って考えて、最後に下手でも文章にする」
その大事さを皆ともお話して帰って来たので
徐々にUPしたいと思って(は)おります☆
自信ないけれど(☆_☆)

Img_8163_800_2

菱屋CalenBlosso
所在地:東京都港区赤坂 9-7-4 D0314 東京ミッドタウン 3F
電話番号:03-5413-0638
WEBサイト:http://www.calenblosso.jp/

2016年2月 2日 (火)

狩野一信の五百羅漢図展

汐留ミュージアムに行ってランチ(ランチについては気が向いたら後日UPします)してから
狩野一信の五百羅漢図展、後期:2016年1月1日(金)~3月13日(日)を観に増上寺へ

大門駅からまっすぐ東京タワー側の道を歩いて増上寺到着
余り人も多くなく、天気も良くって最高のぶらぶら日和♪最高(●´∀`)ノ

東京タワーと増上寺

Img_5267_800_2
Img_5265_800_2
Img_5266_800_2

ちょっとだけふらっとして写真を撮った後に宝物展示室へ
私たちが行ったのは後期だったので100幅あるうちの第41幅~第60幅、全20幅を観てきました☆


Img_5270_800_2
Fullsizerender_800_2


展示室はコンパクトで20幅だけなんですが、如何せん細かく描かれているし
画面の中に沢山の物語があるので1枚見終るのに時間がかかり、大分エネルギーも消耗(笑)
来たいと言い出した友人は流石に面白いらしく、作品を見つめ続けているのを横目に
仏教美術にあまり興味のない私は1/10でつくられた台徳院殿霊廟模型と
映像ルームで模型に関するビデオをガッツリとみて来た
こちらの方が私的には面白かったかなー

自分が苦手分野なだけに地味な印象でパッとしなかったんだけど
ここで五百羅漢図を見たのと見てないとでは、村上隆さんの五百羅漢図の面白さは半減してた
と思う!
村上隆さんの五百羅漢図だけを観るよりも、此方との見比べを私はオススメしたいです

Img_5271_800_2

Snapseed、PhotoScape、InstaSize、
宝物展示室のお手洗いに可愛い花瓶に挿された可愛い花が…

2016年2月 1日 (月)

キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々

書いていない展覧会より先に
最近行って来たものを書いてしまおうかと思います

1月28日(木)
五百羅漢図見比べ企画日がとうとうやってきた
まずは待ち合わせの時間まで一人でこちらに行って来ました
1月28日に来館するとオリジナル塗り絵もいただけるということで
ここしかない!と(笑)

「キュー王立植物園所蔵 イングリッシュ・ガーデン 英国に集う花々」

D344220494932850

会場:汐留ミュージアム
会期:2016年1月16日(土)~3月21日(月・祝)
開館時間:午前10時~午後6時(ご入館は午後5時30分)
休館日:毎週水曜日
入館料一般:1,000円

画像出典・詳細:
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160116/index.html

キュー王立植物園が所蔵する黎明期から現代までの
ボタニカル・アート(植物画)・デザイン・工芸品を展示

ここの美術館、好きな展覧会を良く開催してくれるので
ちょいちょい行っていますね~

Img_5133_1
ボタニカルアート = 植物学的な絵画
そういうの大好きなんです(●´∀`)ノ
小ぶりな作品が多かったですが精密・精巧で色の組み合わせも美しく
背景が書いてあるものもあったりデザイン的な構図のものもあって
1枚1枚顔を近づけて見ちゃいました☆
観終わった後、絵を書きたくなる様な展覧会でしたよ~(*´∀`*b)
お土産のコーナーに大人の塗り絵が置いてあったりしてちょっと欲しくなりました
本屋さんに今度行って探してみよっと

Img_51341
Img_5136PhotoScape、

開館時間より早めに着いたので外で座りながら待つ
寒いけれど天気が良くってすがすがしい瞬間を

2015年6月25日 (木)

東京オペラシティー、高橋コレクション ミラーニューロン

で初台に移動

今度は「東京オペラシティー アートギャラリー」へ
現代アートも率先しては見ないが
新国立劇場の隣だからこちらは行こうと決めていた
「高橋コレクション ミラーニューロン」

インターネットミュージアム イベントレポート

村上隆、奈良美智、横尾忠則、池田学さんの作品が見れた
奈良さんの次が村上さんで
作品に対する姿勢というかやり方が
間逆なイメージのお二方
壁を挟んで裏側に並んでいたのが印象的

他にもアラーキーやニナミカさん、
草間さんナドナド、沢山の方々の作品が

初めて知った方では
安藤正子さんの「スフィンクス」が
とても好きな作品だと思った

一番好きだな~と思ったのは
チラシナドにガンっと使われている
名和晃平さんの「pixcell lion 」
すごい良くて何回か戻っては見てた
ガラス球体に他の作品や反対側にいる人が
逆さまに映ったり
ずっと見ていて飽きないし
第一作品として格好良かった

ZAHAもそうだけど
建築より香水瓶のデザインやテーブルなんかの方が
私は好きで

絵画よりプロダクトや工芸、ガラスなんかが
好きなんだなーと実感
とにかく見ていて飽きなかった

唯一写真撮影可なのがこれだったので
写真を撮ってみました
しかも上から、横から!

Cats

美術館としては
綺麗だしおしゃれだけどあんまり好きじゃない

ZAHAの時にも感じたけど
展示の仕方が微妙というのか?
今回は回路がわからなくて
道順を初めてスタッフさんに聞いた
なんか不便でした

損保ジャパン日本興亜美術館、ユトリロとヴァラドン

GW後半
新宿と初台

(美術)
損保ジャパン日本興亜美術館、ユトリロとヴァラドン
東京オペラシティー、高橋コレクション ミラーニューロン

(舞台)
東京新国立劇場、ザ ウィンズオブゴット

20bcc0bc6fc93a8e7a5b713e6e451364

舞台観劇の予定にて上京
新宿行バス利用は早くも2回目

ゴールデンウィークのため渋滞を考えて
早めに新宿に着いたので
まず新宿にある
「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」に
急遽行くことに決めた

今やっている展覧会は
「ユトリロとヴァラドン、母と子の物語」
ちょっと好みではないケド
でも観てみると好きな作品が
一個くらいは大抵あったりするんだよね
今回も数点良いなってものがあった

ユトリロはヴァラドンよりも繊細で
可愛い感じで好きなものもあったけど
私は息子の絵よりかーちゃんの絵の方が
力強くて好きだな

memo
スュザンヌ・ヴァラドン モーリシア・コキオの肖像

それより!
常設で何点か東郷青児さんの作品を鑑賞
いやぁ~すごかった
印刷だとグラフィックにしかみえないから
今まで興味示してなかったけど
実際見ちゃうと、あれで油絵とか凄すぎる
これからは東郷青児さんの展覧会があれば
チェックしておこう

普段はあまり自分の為には購入しないんだけど
東郷青児の
ポストカードとメガネ拭きを購入してしたくらい

そしてゴッホとルノワールさんもお会いしました
こちらお二方も実際に観た方が断然素晴らしい
あまり好きではないけど
やはり違うなーと思わされる

初めて行った美術館なので
館内案内の平面図が欲かったが
置いて無かったのが少し残念
難しい間取りではなかったけど

569710ac712f44ffe92145df23c49c64

42a6d1336326738a3e79d98541e161d9

2015年4月28日 (火)

2014年に開催された展覧会の図録プレゼント vol.2

東京国立博物館で2014年に開催された特別展
「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」 の図録プレゼントに当選
観に行きたかったんだけどタイミングが合わずに行けなかった展覧会のものなので嬉しい
インターネットミュージアムさん、どうもありがとうございます!

T02200312_0400056713284530525

インターネッ美術系のサイトというと皆様はどんなものを見てるのかな
私はJDNとインターネットミュージアムくらいしかチェックしてないのだけれど
インターネットミュージアムさんのは観やすいし
イベントの動画配信とかもしていて太っ腹なんですよおススメです

図録かなり大きくてしかも分厚い
白菜が観たかったんだけど
その白菜が表紙にちょっだけしか載ってないというのは
まあご愛嬌として(笑)
時間がある時にゆっくり読みますそして大事にしますネ

やはり当たると嬉しいもんだね
ちょっと他のも頑張って応募してみようかな

ハクサイこれだけ↓笑

O0640064013284539075

2014年10月 8日 (水)

art space kimura ASK?、「キョウノドウキ」

広島記事が終わったので、またまた割り込み展覧会告知です。
今現在、行くコトが確定している展覧会はこちら。

日本画を教えて頂いていた先生が何人か参加しております。
今年の夏に久しぶりに会ったのですが、その時に教えていただきました。
今回は珍しく、日本の社長だけでなく大統領も一緒。
これぞまさしく「大統領と日本の社長」の巻。久しぶりだなぁ~3人で揃うの。
恐ろしいかな、3人揃ってB型という!
しかし高みな所で綱渡り市ながら絶妙なバランスを守る稀有な私達。
社長が居ればなんでもうまくまとまる(敏腕)

開催日程:2014年10月27日(月)~2014年11月01日(土)
11:30-19:00 *最終日は17:00まで

会場 : art space kimura ASK?(2F) + ASK?P (B1F)
住所 : 東京都中央区京橋3-6-5木邑ビル2F/B1F
(1階に南天子画廊あり)

Photo

画像出展・公式HP:http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/2014/musabi.html

ひろしま美術館、

翌日。毎年お邪魔している広島ですが。
昨年もお世話になった市内循環バス「ひろしま めいぷる~ぷ」を
今年も使わせていただきました。

前回は広島新幹線口から一番近い
県立美術館前(縮景園前)で降車したので
2番目に近い「ひろしま美術館前(広島城 市民病院前)」と 「紙屋町」を
今回は選んでみました。まずは広島美術館へ!

バス停前の道路を渡りすぐの場所。
残念ながら特別展はやっておらず、常設展だけ観て帰ってきました。
くしくも2日後からは「東広島市立美術館所蔵 「版―技と美の世界―」の開催予告。
惜しかった!(笑)

では建物についてmemo。

ひろしま美術館は円形の美術館。
中心にあるホールを囲む形で、1~4の展示室。
シンプルな造りなので問題なし。
円形も結構いいなぁ、なんて思いつつ鑑賞。
しかしホール部分には無言で立つ警備員さんが一人いらっしゃる。
ホールの大きさ的なものもあるし(ちょっと小さい)ホール部分ではくつろげませんでした。
しかも展示室にも結構追っかけてくるの、しょうがないかもだけど(笑)
小部屋な上に、人が居ないと気になるよ~(汗)
すべての展示室が小部屋に別れてるから張られてる感がバリバリ!
そういった造りも考えものなのかもしれません。

そしてもうひとつ。
美術館に入るとまずはミュージアムショップがあって
そのショップのお会計とミュージアムの受付が一緒なんだけど
ショップからはガラス越しに美術館が見えて、
庭の中央にある美術館にはもちろん庭を通っていくのね。
だからなんだろうけど受付は先にあるんだろうと思って
行っちゃおうとして止められちゃった(笑)
なんかわかりづらいなぁ、と。

しかもショップの方々の私語が多すぎてちょっとゲンナリ。
仕事の話中心だとしても、OPEN前なの?って突っ込みたくなるくらいでした。
気にならない人は気にならないと思うけど、私は気になったよ!(笑)

良い特別展があるなら行くだろうけど
あえてまた行きいとは思わないかも...そういう意味では。
5と6の展示室は今回は入れませんでした。

あ!でも今はぐりとぐらやってるよー。


1 2

HIROSHIMA MUSEUM OF ART
2014.0724
PhotoScape、

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブックマーク: